ミライノゴールドカードを作ることにしました

こんにちは、いなかのです。
住信SBIネット銀行への日頃のお礼を込めてミライノゴールドカードを作ることに決めました。


審査があるので無事発行されるかは分かりませんが・・・(信用情報は一つも傷ついてないはず;)



ミライノゴールドカードで気になった点

ミライノゴールドカードの詳細については多くのブロガーさんが記事にしてますし、私は基本的なことと個人的に目に留まったことだけを書きます。



ミライノゴールドカードの気になった点

①ポイント還元率1.0%について

②年会費3300円(税込み)ブランドはJCBのみ対応



ポイント還元率1.0%について

ミライノゴールドカードは1.0%還元という事になっていますが、実際のポイント還元率は0.5%のゴールドカードになります。


ミライノゴールドカードを利用することで得られるミライノポイントが1,000円=5pとなっています。
ミライノポイント1p=2pスマプロポイントに変えられるため、実質還元率1.0%ということになります。



スマプロポイント1p=1円で現金に換金することができるため、よく利用するのはスマプロポイントということになり還元率1.0%とみて問題無いのでしょう。



ただし、ミライノゴールドカードの注意したい点が1,000円ごとにポイント還元となるため1,000円未満の端数部分は切り捨てられてしまいます。


私はメインカードをリクルートカードにしているためこの点に関してはちょっと気になりました。(リクルートカードは引落総額×1.2%還元のため端数を気にする必要がありません)




年会費3300円対応ブランドはJCBのみ

年会費3,300円(税込み)ミライノゴールドカードに対応しているブランドはJCBのみです。


マスターカードもあるのはあるんですが、そちらは年会費11,000円(税込み)になってしまうんですよね。



ミライノゴールドカードをメインカードにしようと考えていたので出来ればVISAが良かったのですが、年会費の割りにゴールドカード特典が多いカードですんで仕方がありません。






最後に

ミライノゴールドカードは作るだけで、月々の振込手数料とATMご利用手数料の免除数が2段階上がる特典や、

国内・海外旅行傷害保険、ショッピング保険等といった特典が多く付いているカードです。


※2021年2月1日より自動付帯だった傷害保険が利用付帯へと変更となるそうです。私が海外に行くことがないので気になりませんでしたが、傷害保険を目的としている方は再度確認が必要な項目になります。



年間利用額100万円以上で次年度年会費無料になりますし、スマプロポイントは現金へ換金できるので換金額を投資に回そうと考えています。


長い間メインカードとして使用していたリクルートカードはサブにします。
ポイントはざくざく溜まっていくのですが、ポイントを利用することが少なくなってきたもので・・・(コロナのせいでホテルに泊まる事もほとんどなくなったので)



後は、審査に通ることを祈るのみ・・・!





関連記事

↓これだけでも住信SBIネット銀行を作るメリットあり