金価格が落ち始めた今こそ積立投資を始めるタイミング

こんにちは、いなかのです。
表現がずれているかもしれませんが、段々と仮想通貨(特にビットコイン)が一般株式と同じ立ち位置での投資対象として確立されてきた感がありますね。



そんな中、金の価格が下落しているという事実があります。


ビットコイン価格の上昇背景

出所:bitFlyer

2021年2月19日に、仮想通貨の一つであるビットコインの時価総額が1兆ドル(105兆円)に近づいているという記事が取り上げられました。


背景として、機関投資家のビットコインへの介入や法整備の見直し、運用会社であるブラックロックの投資介入、

極めつけはテスラの大規模なビットコインへの投資介入です。
おそそ15億ドルのビットコインを購入したテスラによってビットコイン価格の大幅な上昇を促しました。



テスラはビットコインにてテスラ車の購入を可能にする方針も見立てているそうですね。
見方によってはテスラ株の保有はビットコインの保有を意味するようになるかもしれないですね。(半分冗談です)



会社の格付けにおいてビットコインの勘定科目は何になるのかな?有価証券に入るんでしょうか。




ビットコインの発行枚数

ビットコインには発行枚数に限りがあります。これがビットコインの希少性を高めているわけです。
ビットコインの発行枚数上限は2100万枚とのこと。


そしてこのビットコインの希少性を損なわれないよう、一定のペースで上限枚数に到達するように設定されており定期的に新規発行枚数の減少が起こります。このことをビットコインの半減期と呼びます。

ビットコインはブロックチェーン上でビットコインの取引を承認する作業を行う人のことをマイナーと呼び、その承認作業の対価としてビットコインを得ることができます。(これをマイニング報酬と呼びます)

半減期を迎えることにより、マイナーがマイニング報酬として得られていたビットコインの枚数が半減期以前と比べて半分になります。


この半減期によってビットコインの希少性が保たれているわけですね。




ビットコイン高騰の裏に金価格の下落

出所:田中貴金属工業㈱
直近1か月
出所:田中貴金属工業㈱
直近5年間

ビットコイン価格上昇の裏では金価格の下落が続いています。
ただ、2枚目の直近5年間図を見ると金価格の下落が引き起こされてはいるものの価格自体は高い推移であることが分かります。


コロナ禍中期では、株式市場+債券市場への先行き不安から安全資産となる金への資金流入が目立ったため金価格が高騰する引き金となりました。


が現在はコロナワクチンの開発と接種、各国政府の金融緩和が持続的かつ大規模であることを背景に金から資金が流出しています。



個人的には金への一括投資を検討している方にとっては手の出しにくい相場となっていると思いますが、
金への積立投資であれば高値続きだった金を少しずつ安値で買えるため積立投資を始めるいいタイミングを迎えているように思います。


積立投資は長期目線であるため数年間かけて安全資産を蓄えることができます。
またいつコロナショックが起こるか誰にも分かりませんからね。投資による備えとしていいかもしれません。





最後に

ビットコインの高騰もそうですが、株式市場全体の価格も上昇していますね。
相当な資金が市場に余っているのでしょう。
この上昇相場から「バブルじゃないか?」と疑いの目をかけている投資家さんも勿論います。



このまま何事もなければいいのですが、何かしらの調整は入るんじゃないかな~、と思うので絶対的に安全な投資ではありませんが安心感を得るために積立投資のみで購入しています。


いついかなる時に追加投資ができるようキャッシュポジションは大きく取っています。


自分にとって心地の良い距離感の維持に努める時期なのかもしれませんね。




関連記事

↓1口単価が小さいゴールドETF【GLDM】について


↓金の採掘をしている企業に投資ができる金鉱株ETF【GDX】について