銭湯応援ファンドがあったら面白いよね。クラウドファンディングとかね。

どうも、いなかのです!


お盆が近づいてきましたが皆さまはどのようなスケジュールを立てていますか?


私は毎年お盆に休暇申請し連休にしているのですが、ここまで何も予定の入っていない連休は初めてです(せっかくの10連休が・・・)。



無駄には出来ないので、県内で普段いけない所や、
趣味の一つである銭湯の解禁をしようかなと考えております。

出所:光明石温泉 呉羽の湯




そうです、銭湯。
コロナウイルスが流行ってからというもの、毎週必ず一度は行っていた銭湯に行くのをきっぱりやめてしまいました。



気づけば一番近場の温泉の湧き出る銭湯屋さんが閉店していました(計画していた閉店なので、コロナ関係ないんですけどね)。




田舎の銭湯屋なので経営が成り立たなかったんでしょうね。かなり大きな所でしたから。


閉店が決まるとしってからは、週に一度の銭湯は必ずそこに行くようになりました。
なんなら少し程度なら支援金も出してもいいとさえ思いましたね。



そこでふと、銭湯の経営を支援できるファンドのようなものがあれば、と頭に浮かびました。



残念ながらそのようなファンドや取り組みは見つからなかったのですが、



参加店舗に支援できるクラウドファンディングがあってもいいなと。
見返りは、支援金額に対して参加店舗の割引などなど。




いいですね、夢が広がります。
誰かを思って使ったお金は必ずに自分に返ってきます。



あの銭湯の独特の空間、サウナによる身体への圧力、風呂上がりの一杯、全てが最高級の刺激です。それがたった千円以内で堪能出来るのですから、やはりずっと残ってほしいです。





皆様も仕事やコロナ禍での生活習慣に疲れも溜まっていると思います。
それだけでなく、投資相場も不透明な状態が続いています。



米国経営者の自社株売りが目立つとブルームバーグが8月6日に記事にしていたり、S&P500やナスダック指数が上がっているにも関わらず恐怖指数も上がっていたりと、株価が回復回復しつつも不穏な空気が漂いつつあります。





ここで私は積立投資で投資市場の癒しを、
銭湯で心身の癒しを得ることをおススメしたいです。




来週の平日は丸々一週間休みになるので、普段なら見てられない日本の相場をじっくり眺めてみるのも楽しそうですね。
うん、そうしよう。




↓関連記事はこちら。中山式快癒器で身体のコリも癒してください!



↓サラリーマンの癒しとなるか!?S&P500連動ETF:VOOに投資する投資信託